マネーの常識としてのローンの効果

不動産投資をする上で、どうしてもさけられない事が、ローンの効果です。なぜなら、ローンを組くむ事で、ローンの効果なしではえられなかったであろう、収益物件が手にはいりそれによって、家賃収入が手にはいる道が開けるからです。ですが、もちろん収益物件を手にいれただけでは、家賃収入を得る事ができません。その後、入居者を探すという仕事がまっております。また、ローンの効果をもってしても空室リスクをさける事はできません。そこで、最近増えているのが、収益物件を購入してくれたお客様に20年の一括借り上げを行い空室リスクをさけるかたちで不動産の販売をしている会社があります。ですが、それはどうしても、100万円本来なら手に入る不動産をを80万円でかしているような部分もあります。その差額は業者の空室リスクに対する備えの費用なのかなとおもっております。それでも、ある程度家賃を保証してもらえて安定的に家賃が入るのであれば入会する人がいるとおもいます。しかし、最近そろえた不動産資料では、自己資金が多額であれば、手取りが残りますが、そうでない場合は、手出しをしないといけない物件がおおくありました。さらには、もしも地震や火災等の災害があった場合は、やはり免責になる事もあり、それはものすごく不安なことでもあります。また、どうしても修繕費を考える事があります。それもまた、危険な事です。ではどうすれば、うまくいくのか、それを毎日考えております。今後は、不動産業者のうまい提案にきたいしております。

金についてのいろんな意見です